カードローン申し込みで最も気になるとも言える在籍確認

メニュー

サブメニュー

在籍確認の概要と流れ

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングに申し込む際に、審査を欠かすことはできません。審査には、申込内容に基づく審査、取り寄せた信用情報に基づく審査、そして在籍確認の3つがあります。

 

ここでは、このうち在籍確認について見ていきましょう。

 

 

なぜ在籍確認をするのか

在籍確認とは、申告された勤務先に勤めているかどうかを確認するための審査のことです。審査の方法は極めてアナログで、申告された勤務先の電話番号に電話をかける、これだけです。大手消費者金融であっても中小消費者金融であっても、ほぼ例外なく在籍確認は行われます。

 

そもそも、なぜ在籍確認を行うのでしょうか。それは、勤務先の虚偽申告を防ぐためです。

 

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングにおいて、勤務先は重要な審査ポイントの一つです。勤務先が一部上場企業や官公庁であれば、収入は安定して審査にも有利に働きます。

 

誰しも審査を有利に働かせたい気持ちは同じですので、勤務先を偽る可能性があります。実際には勤務していない勤務先を申告したり、過去に勤務していたが現在は退職してしまった勤務先を申告したりなど。

 

虚偽申告をされてしまうと審査が不正確になってしまいます。特に最近では来店不要で契約まで進められるカードローンも増えているので、審査はしっかりと行わなければなりません。早い審査回答となるプロミスの審査においてもしっかりと確認をし、正しい内容で貸付が可能かの判断をしなければならないのです。

 

在籍確認はなぜ電話なのか

インターネットが発展しているこの時代にあって、電話での在籍確認は少々アナログなように思えますが、これにはきちんとした理由があります。

 

例えば、メールで在籍確認をするとしましょう。パソコンをハッキングや不正アクセスなどをして、あたかもそこに勤務しているかのようにパソコンをコントロールすれば、なりすましができてしまいます。

 

もし、郵便で在籍確認をするとなるとどうでしょうか。例えば、業者から勤務先に郵便を送って、そこに本人がサインをして返送するなんてやり方が考えられますね。

 

確実な方法かもしれませんが、郵便ですと実際に勤務している誰かがそれを持ちかえって、本当は勤務していない申込者に渡すと言った裏工作の可能性もあります。それに、確認までにかなりの時間を要してしまいます。

 

時間もすぐに済ませられますし、ハッキングや不正アクセスなどのハイテクが入り込めないのが電話です。このようなメリットから、電話での在籍確認は広く行われているのです。

 

在籍確認の電話の流れ

では、在籍確認の電話はどのようにかかってくるのでしょうか。

 

勤務先の従業員が電話に出ると、「田中ですが、鈴木さんはいらっしゃいますか」のように、消費者金融名を名乗らずに個人名で電話をかけてきます。これは、消費者金融名を名乗ると借金の話だとばれてしまうからです。

 

一方で銀行の場合、「東都銀行の田中ですが、鈴木さんはいらっしゃいますか」のように、銀行名を名乗る場合があります。銀行はカードローン以外にも、保険や投資信託など様々な商品を取り扱っていますので、銀行からの電話で借金の申し込みをしているとは考えられにくいです。

 

この電話に本人が出れば、住所や生年月日などの確認を行って電話が切れます。これで在籍確認は終了です。

 

では、本人が不在の場合はどうなるのでしょうか。

 

本人がたまたま休みをもらっていたり、営業で外回りに出ていたりすると、電話には出られません。本人以外の誰かが電話に出て、「鈴木は今はおりません」という回答があったとすると、これだけでは休日なのかそれとも休職、退職をしたのかが分かりません。

 

そこで業者は、「今は外回りにでも出ているのでしょうか」と聞き、その後具体的な不在理由を電話に出た人から聞き出せれば、それで在籍確認は完了します。

 

在籍確認は、なにも申し込んだ本人が出なくても完了しますので、在籍確認が来るからと言って電話に張り付いている必要はないのです。

 

また、銀行によっては在籍確認時に銀行名を名乗らずに消費者金融同様に個人名で電話をかけるところもあります。代表的な銀行がオリックス銀行の進め方で、消費者金融と同じように担当者が個人名で連絡をするために第三者には何の電話なのかが分からないようになっています。